• Our Favorite Quotes:

    Make a Dent In the Universe

  • Drop us line:

    info@mdiua.com

  • Visit Our Office:

    Yokohama-city, Kanagawa, Japan

投資家支援サービス

かつてのマイクロソフトやグーグルのように、先端分野に取り組んで揺るぎない世界トップクラスの大企業に成長した会社は数多く、この裏には投資家の方々による投資による援助の力は必要不可欠です。日本でも、ソフトバンク率いるビジョンファンドが世界中のAI分野のユニコーン企業に巨額の投資を行い、大きな話題を呼んでおります。その位、先端分野への投資は常に投資家の興味を引き付けてやまないものです。しかし、投資する企業選びに失敗すると、大きな機会損失に繋がる可能性が大きいので、投資判断は適切に行う必要があります。

先端技術に投資を行う際に注意する事

AI等の先端分野で良く見られる傾向なのですが、特にそういった技術が世間に出始める黎明期には、世間が先端技術に対して過度な妄想を持ちやすくなる傾向があります。それに便乗するように、到底今の技術では達成不可能な大きなビジョンを掲げ、それをいかにも既に達成しているかのように、もしくは近いうちに達成できるかのように、派手な宣伝をしたり、デモを行う企業が多く存在しています。

こういった企業は、マーケティング戦略に長けている事が多く、メディアへの露出が多い傾向にあり、また、有名大学の教授を技術顧問に迎えるなど、表向き非常に活躍しているように映りますが、実際はデモは全てスクリプトであったり、他の製品を流用していて何の技術も保有していなかったり、中身が無い企業である事も多いです。

そういった偽ユニコーン企業を見分ける方法は、製品がある場合は、その製品を使用してみる、担当のエンジニアと会話をし、状況を引き出してみる等幾つも方法があり、その部分に私どもがアドバイザリーとして介入させて頂き、投資判断のご支援をさせて頂きます。